伊勢志摩の郷土料理【てこね寿司】のご紹介


こんにちは!ここ一軒で伊勢・志摩 仲見世のPR担当です。

今回は、伊勢志摩の郷土料理【てこね寿司】のご紹介です。

~てこね寿司とは~
カツオやマグロなどの赤身のお刺身をしょうゆなどで作ったタレに漬け込み、酢飯とあわせたお寿司。
薬味として大葉、しょうが、のりなどを散らして食す。発祥は志摩地方といわれ、かつお漁で忙しい漁師が手軽に作れる食事として、ぶつ切りのかつおと調味料を持参した酢飯を混ぜ合わせて(手でこねて)食べたのが、始まりといわれています。

当店でもその、てこね寿司をご用意いたしております!

伊勢志摩の鮮度抜群の海の幸をたっぷり使用した、てこね寿司を是非ご堪能ください。

※使用するお魚はその日によって異なるので、内容は一度スタッフにお尋ねください。

当店では、皆様のお越しを心よりお待ちしております。